top of page
  • Kenji Shiota

新築建設中のクライアントが来週、建設会社の担当者と打ち合わせをするプレドライウォールミーティング、どのような点に注意をすれば良いでしょうか? まずは写真・動画撮影、そして電源の数は多いほど便利です!

 家の土台・冷暖房・電気の配線等を確認するプレドライウォールミーティング、その名の通り壁が設置される前の段階ですので、問題があった場合、この時点で修繕をしておくと、その後の建設過程が順調に進む可能性が高いですね。

閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page