• Kenji Shiota

僕のクライアントも何組か入居しており、現在も新たな借り手が申し込み予定のAmerican Homes 4 Rent、賃貸物件供給に貢献しているこちらの会社を紹介します! 

 カリフォルニアに本社を構えるAmerican Homes 4 Rent、通称、AH4Rは全米で一軒家を購入の上、賃貸に出すという事業を展開しています。


シンシナティのオフィスがオハイオ、そして北ケンタッキーを担当

 僕のクライアントも何組か入居しており、手頃な賃料で一軒家を賃貸できるという点ではありがたいですね。入居審査はクレジットヒストリーと呼ばれる信用歴が基準となりますが、渡米間もない駐在員の場合、通常は雇用主からの年収を証明する手紙があれば代替可能です。


 無事入居後はオンラインからログインの上、毎月の賃料支払いも可能、不具合発生時も同じくオンラインから修繕要望を提出すると、メンテナンス部が対応します。全体的には特に問題無いと思いますが、強いて難点を挙げるとすると、全米で数万軒保有していますので、一軒ごとの要望、例えば賃料に芝刈り費用を含める・シャワートイレ設置、そして家電新調といった対処は不可、現状のまま借りることが条件となります。


 そのためいわゆる日本仕様を求める借り手には不向きかもしれませんが、その点にこだわらない人でしたら、気に入った物件が見つかる可能性は広がります! 僕もシンシナティ担当者とは一緒に仕事をしており、良好な関係を継続していますので、AH4Rのサイトで気になる家があれば、気軽にご相談くださいね。


 それでは、本日は午後からブルーアッシュで賃貸物件の内覧、その後、夜、ケンタッキーでの内覧が入らなければ、軽く走るつもりです! 

閲覧数:13回0件のコメント