• Kenji Shiota

オハイオ州Masonの賃貸物件に入居申し込み中のクライアント、渡米間もなくソーシャルセキュリティ番号未取得の場合、通常は給与明細、もしくは雇用主からの年収を証明する手紙で代替可能です! 

 来週、2月1日、オハイオ州Masonで入居予定のクライアント、渡米から日が浅くソーシャルセキュリティ番号未取得でしたので、雇用主からの年収を証明する手紙を貸し手エージェントに提出の上、無事申し込みが許可されました。



Homeowners Association、通称、HOAと呼ばれる共益費に芝の手入れが含まれています!

 今回の借り手に限らず、僕がこれまで仲介した経験では、雇用主のレターヘッドに年収が明記されている手紙があれば貸し手は許可してくれますので、これから渡米される皆さんはそちらを事前にご用意いただけますでしょうか。またガス・電気等の光熱申し込み時も、ソーシャルセキュリティ番号未取得でも代替手段はありますので、気軽にご相談ください!

閲覧数:14回0件のコメント